nano-hana

恋愛、妊活、エッセイ 気ままなブログ

線で考える女、点で考える男

f:id:nano-hana01:20190806184534j:plain

 

ずっと前から疑問に思っていたことがある。

 

なぜ、旦那とかみ合わないんだ、と。

 

結論としてたどり着いた

点と線の考え方についてのおはなし。

 

 

 

女性は過去がよみがえってくる

 

 まず、思うことは

 

女性は今起きたことと過去に起きたこと同時に考えるということ。

 

例えば、1年前に彼が約束を破ったとします。

今回、また同じようなことが起きた場合

 

1年前の気持ちがよみがえり、その時に言えなかった不満や

1年前から今までにあった様々な出来事を含め

その気持ちで彼と話し合いをします。

 

昔から今まで、というところが線の考え方です。

 

 

男性は今起きたこと重視

 

一方で男性は

1年前のことを言われても

それはもう解決した関係ないことじゃん

 今のことを話し合おうよ

 

というスタンスになります。

 

過去のことはもう終わったことで、今のことしか考えられないのが点の考え方です。

 

 

 

 

そりゃぶつかるわ

 

と、私は思ったわけです。

 

 

男脳女脳

 

男性の脳神経は前後の結合が強く、右脳と左脳の連携がうまくできないのだそうです。

また、シングルタスクに長けていて、論理的に物事をとらえることができます。

空間認知力にも優れているため、女性よりも客観的に物事をとらえることができます。

 

一方女脳は左右の結びつきが強く、左脳と右脳の連結が強い傾向にあります。

そのため、状況や気持ちの変化に非常に敏感なのです。男性に対して、マルチタスクに長けているのは、仕事をしながら晩御飯の献立を考えたり、ご飯を作りながら他の家事をしたりする女性の姿を見るとわかりやすいですね。

 

 

ぱっと、いろいろ調べてみただけでも考え方や物事のとらえ方に大きな差があることがわかります。

相手にイライラしたときは

脳の構造が違うんだ」と思えば少しは気持ちが楽になるかも・・・?