nano-hana

恋愛、妊活、エッセイ 気ままなブログ

【黒歴史】ガラケー時代の青春を振り返ります。

f:id:nano-hana01:20190807181332j:plain

 

2007年1月9日

 

当時AppleのCEOであるスティーブ・ジョブス氏が発表した “iPhone”

 

誕生からはや12年

 

それまで私たちをつないだのは

 

ガラケー

 

高校3年生までガラケーを使用していた私が

懐かしい記憶を掘り起こしましょう。

 

 

ガラケーとは

 

 いまやその姿さえもほとんど見なくなってしまったガラケー。

ドコモ、au、そしてボーダフォン

 

ドコモユーザーの私はiモードを利用していました。

 

ガラケーとはガラパゴス携帯の略で、いわゆるスマホが登場するまでの携帯電話を指します。

 

ガラケー懐かしの機能としては

ワンセグ、着うた、着メロ、電子マネー、おサイフケータイ等が挙げられます。

 

ガラケーの生産は数年前に終了してしまいました。

 

 

通話料が高い

 

 高い、というよりは、LINEの普及により無料電話が当たり前となった今では、恋人と電話をするのにわざわざ機種変更をしたり、家電を駆使したりする苦労は知らないことでしょう・・・。

 

そこで登場したのはウィルコムでした。

 

ウィルコム同士の通話が無料なうえ、なんと1台買うともう1台が無料というシステムのもと

彼氏が彼女にプレゼント、なんてことが流行しました。

ウィルコムユーザーはコム持ちと呼ばれていました。

 

恋人との電話も一苦労、の時代です。

 

今では、LINEを知っているから電話番号やメールアドレスは必要なく、付き合って初めて電話番号を交換するという人も少なくありませんが、

そのアドレスや番号をゲットするのにいろんな人に聞きまくったりしていた高校時代が懐かしいですね。

 

 

メール受信問い合わせ

 

 メール来ないな、、もしかしたら届いてないだけかも

と、メール受信問い合わせをしまくったあの頃・・・

また、受信画面も好きな人だけ変更できたので好きな人からメールが届くとすぐわかるようにしたり、好きな人だけ着うたやイルミネーションを変えたりして “特別感” を出していました。

 

 

そのほかメールエピソード

 

 ・フォルダ分け

 

 好きな人のメールだけが入るフォルダを作る

ここにたくさんメールが入っているととてもうれしいんです。

 

・メールの保護

 

 メールは一定の件数を超えてしまうと古いものから順に消去されてしまいます。それを防ぐのが保護です。保護するとそのメールは消えずにずっと残っていてくれるんですよね~。現在似ている機能といえば、スクリーショットでしょうか、、、?

 

・デコメール、動く絵文字

 

 今でいうLINEスタンプのような機能ですが、当時もの者はとにかく、キラキラギラギラ!という感じのデザインが多く、使う人はほとんど女の子でしたね。

 

・アド変メール

 

 病んだ時、恋人ができたとき、恋人と別れた時、など

なぜがアドレスを変えるんです。恋人と一文字違いのアドレスにしたり、どういう羅列にするかとても考えて作られているので、アド変メールを受け取る側の時はそのアドレスの意味を解読するのも楽しみでした。

 

 

自作のホームページ・前略プロフィール

 

 これは黒歴史の宝庫です。

個人ではもちろん、部活の友達や恋人と共同でも作れるホームページ。

日記やリアルタイムでのつぶやきを投稿するもので、デザインを自分で作れたので女の子は特にこだわりの強いものを作っていました。

工事中、と聞いてあーーー!となる人もいると思います。

 

 

前略プロフィールは、サービスが終了してしまったため現在は閲覧することはできませんが、つい最近まで当時のプロフィールを見ることができました。

メールで登録し、記載されている項目に答えていくと自己紹介ページが出来上がります。プロフィール以外にも、掲示板や日記が作成できたことから、ホームページのような感覚で利用していた人も多く、当時ギャル文字や、小文字を使うことが流行っていたため、冷静に見ると日本語が崩壊しており、見返して後悔する人が続出しました。

 

また、ホームページも前略プロフィールも恋人への愛が爆発しているものが多く

『最初で最後の本気の恋』

『●●fam』

『big love』

といった、大人になった今では思いつかないような言葉が盛りだくさんでした。

 

 

iPhoneの登場

 

 私が高校生の時にiPhoneが登場し、

「シンプルさ」にとても衝撃を受けたのを覚えています。

ガラケーは、たくさんのキーホルダー、ストーンを使ったデコ、着うたが当たり前でしたから着信音が「ピコピコ」っと言うだけだなんて、、、と

しかし、現在もモバゲー、GREE、mixiに続き、Twitter、Instagram、TiktokといったSNSが大流行しているので、現在の若者は若者で別の黒歴史が生まれるのでしょう…。

 

ただ、黒歴史と呼ばれるものが青春であることは間違いありません。

将来のことなど考えず、楽しいこと、興味があることにひたすら打ち込んでほしいと思います。

制服を着ている間は無敵です。