nano-hana

恋愛、妊活、エッセイ 気ままなブログ

【理解不能】浮気する理由男女別

f:id:nano-hana01:20190813143508p:plain

なぜ、浮気がなくならないのか。

 

最近では、ドラマ昼顔のように女性が浮気するという話も珍しくはありません。

むしろ、私の周りは女性の浮気によっては気局するカップルのほうが多いように感じます。

 いまや、既婚者の1/3が浮気の経験があるというデータも存在するほど。

 

では、いけないことと分かっていてもなぜ浮気してしまうのか

そのきっかけや理由を男女別にまとめました。

 

浮気した理由TOP3男性編

 

1位 彼女・奥さんに飽きてしまった。退屈だった。

 はい、ふざけんなと言いたくなるような理由です。

同じ女性と共にする時間が増えると必ず飽きが来ます・そんな時、刺激を求めてしまうのが男性。新鮮な体験、ドキドキ感を味わいたいという気持ちが浮気に走らせてしまうのだとか。

いわゆる、マンネリですね。

しかも、浮気のばれてはいけないドキドキ感が大きな刺激になるのだとか…

 

2位 恋愛したかったから

 なんのこっちゃといった感じですが、男性はいつまでも女性からもてたいと思いがちです。彼女にも必要とされ、浮気してにも必要とされるという承認欲求が満たされることが男性にはうれしいことなのです。

また、お付き合いを始めてしまってからではできない恋の駆け引きをもう1度…なんて考えも

 

3位 ストレスの解消

 浮気する前に解消してくれよ、なんて言ってしまいそうですが、女性に弱音を吐きたくないのが男心というものです。

仕事や家庭でのイライラを解消させてくれるのは、都合の良い浮気相手の女だったりするのです。

将来のことなど何も考えず一緒にいてくれる癒しの存在といったところでしょうか。

まず、将来のことを考えたら浮気はしないほうが良いんですが…

 

 

浮気した理由TOP3女性編

  

1位 夫に不満があったから

 女性は、自分にないものを持っている男性にひかれることが多くあります。結婚生活で夫の愛情が感じられなかったり、家事をしても褒めてもらえなかったり、そういった小さな不満が積み重なり、満たされない心を満たしたいという感情で浮気をしてしまうことがあるようです。これは、男性の承認欲求の解消としていますが、女としてみてもらいたい場合や、夜の営みがすく中たりすると、自分を求めてくれる男性のほうに行ってしまうことがあります。

 

2位 さみしかったから

さみしいからって浮気をされてはもうどうしようもないのですが、このさみしいにはいろんな意味があります。

例えば、一番自分を理解していてほしい夫が理解してくれなかった

仕事、家事、育児頑張っている自分を女としてみてもらえなくなったなど。

 

そんな時、すべてを頑張ったねと受け入れてくれる男性が現れてしまうと要注意です。

そんな甘い言葉は浮気相手だから軽く口に出せてしまうのかもしれませんが。

 

3位 恋愛したかったから

 こちらは男性編にもありました。理由も同じく、恋愛のドキドキ感や刺激が欲しかったからになります。

浮気相手と秘密を共有しているという仲間意識も関係しているでしょう。

 

 

浮気されやすい人

 

私はこのランキングを見ていて、コミュニケーション不足が大きいのかな、と思いました。

例えば、常に旦那様が奥様にいつも家事をありがとうと口に出していたら

お仕事お疲れさまと労っていたら

不満を口にできたら

 

防げたものが多くあると思います。

 

浮気されやすい人の中には、浮気しても許してもらえるだろうと思わせてしまう過度の優しさや

思いを口にできない不器用な人が多いと思います。

また、浮気されるのを恐れて束縛が強くなってしまうのも浮気される要因の一つです。

しかし、こちらがどんなに気を遣っても、浮気する人はするというのが答えです。

 

 

浮気は病気!? 

 

浮気や不倫は中毒性が高く、刺激を求めてしまう人は特にたちが悪いです。

誰とお付き合いをしていても必ず飽きはくるし、安定もします。ドキドキよりも安心感が勝っていくこともあります。

このパートナーは私から離れていかないという安心感が浮気につながることもあります。

こちらとしては、じゃあどうすれば状態ですが、正直浮気は治らないと思うのが良いと思います。

許してしまうと、開き直って繰り返す人もいれば、前の浮気よりも巧妙な手口で浮気を隠そうとする人もいます。

また、男性の浮気は遊びで女性の浮気は本気という言葉も耳にしますが、

どちらも浮気でです。

過去に浮気された経験がある人は、その後のお付き合いにも支障が出る場合が多いと思います。

浮気は心の殺人です。

一時の誘惑に負けて、大切な人を悲しませないでくださいね。