nano-hana

恋愛、妊活、エッセイ 気ままなブログ

私が出会った衝撃的な男①~ドラマーの元彼~

f:id:nano-hana01:20190925135334p:plain


私の初めての彼氏は

ドラムを叩くのが大好きな人でした。

ドラマーな彼

 

彼は父親の影響で

小さい時からドラムを叩くことが大好きでした。

私は、

彼の穏やかな性格や知的なところに惹かれ

お付き合いを始めました。

 

巷で有名な 

付き合ってはいけない男3B

美容師、バーテンダー、バンドマン

 

これに彼が該当しているとも知らず

 

 

バンドで食っていきたい

 

私はバンドやドラムについて

詳しくはありませんでした。

好きなアーティストでバンドを聞いているくらいの知識しかありません。

 

当時、お互いまだ10代。

将来のことを考えることなんてなかった私に彼が一言

 

 

 

俺、バンドで食っていきたいと思ってるんだよね。

 

 

 

 

ああ、

いくらティーンな私でもわかります。

 

この人、すごく現実離れしたこと言ってるわ

 

もちろん

努力次第では

現在活躍中のバンドのようになれるかもしれない。

しかし、有名になれない確率のほうが圧倒的に高い。

 

 

だが彼は何の疑いもなく

自分はいけると思っている。

 

自分に才能があると思っている。

 

 

バンドメンバーになじめない彼

 

彼は本気でドラムを練習していました。

他のバンドメンバーが

練習を怠ろうもんなら軽蔑し

ひたすら練習していました。

 

しかし、みんながみんな

将来もバンドをしようと思っているわけではありません。

むしろ、彼のように考える人は少数派で

音楽が好きだから

楽しいから

と、青春をバンドで謳歌する人のほうが

圧倒的に多いです。

 

周りとの温度差に

だんだんと孤立しがちになる彼

そうなると、

より一層ドラムに打ち込むようになっていきました。

 

 

突然のプレゼント

 

彼のことは好きだけど

バンドのことに関して冷ややかだった私は

特にバンドの話をすることはなく

お付き合いを続けていました。

 

 

そんな時、彼から突然動画が送られてきました。

 

一言

「君をイメージして作りました」

と添えて。

 

興味がなかったとはいえ、

曲や歌詞まで作れるんだ

 と少し感心し、聴いてみました。

 

 

しかし、聴けども聴けども

 

 

 

 

 

ビートのみ

 

 

 

 

 

動画は約2分

 

どこまで行っても主旋律が

歌声が

聞こえてこない

 

ずっっっっっっっとビート

 

 

終了する動画

 

 

え、うそでしょ

 

 

このビートたちのどこが

 

私をイメージしているの?

 

 

ビートから彼の思いをくみ取るなんて

 

そんなレベルの高いことは私にはできない。

 

 

 どうだった?

と言われても何も言えない

 

とりあえず

 

 

なるほどね

 

 

と返信し、

冷静に考えてみました。

 

 

ドラマーの彼を考察 

 

 バンドを続けていきたい気持ちは

止めることはできません。

ただ、多少バンドが上手でも

周りの人を見下すことはいけません。

 

また、バンドに対する思いや熱量は人それぞれなのに

それを受け入れることもせず

周りを巻き込もうともしない彼

 

これって、

もし彼がいくらドラムが上手でも

バンドを組むなんてこと

ちょっと難しいんじゃない?

と思いました。

 

そして、

彼をそうさせているのは

たかーいプライドであるという考えにたどり着きました。

 

彼は年上だったので

プライドの高さも

 恋愛マジックで

良い方に変換されていたけど

 

友達にいたら

ちょっとヤバい奴だよね?

 

 

急に冷めてお別れ

 

そう考えたら

ずっと大人だと思っていた彼が

すごく子供っぽく思えてきて

 

あ、無理です。

 

モードに突入。

 

別れることにしました。

 

別れを切り出した私に呆然とするドラマー。

 

嫌だ嫌だと泣き出します。

 

しかし私の気持ちは氷点下

 

「絶対別れたくない!

大好きって言ってくれたじゃん!

俺たちは太陽と月

俺にとって君は太陽なんだ。」 

 

 

何を言っているんでしょう。

 

私は人間です。

 

いくらすがってもだめだと察した彼は

 

 

「いままで上げたCDとか全部返して」

 

 

なぜ、プレゼントを返さねばならない。

 

もうめんどくさいのですべて返却しました。

もうウォークマンに入れてたし。

 

別れてから

 

別れてからも

毎日のように連絡が来ていました。

 

それが、

自分に酔っているというか

私のことよりも

自分のことばかり書いてあって

かなりの長文

 

まともに全文を読むことはありませんでしたが、

何回スクロールすればいいんだ

 

まるで巻物でした。

 

しかし、そんな行動からも

この人は誰よりも

自分のことが大好きなんだな

と思ったので

別れて思う存分

ドラムに打ち込んでくれればいいかな

と思いました。

 

バンドマンとは付き合うな

と言われますが

正確には

バンドマンは癖が強い

自己愛が強い人が多い

ので

それを覚悟できるなら

お付き合いするべし

と、私の経験上は思っています。

 

↓浮気男の話もどうぞ↓

 

www.nano-hana01.work