nano-hana

恋愛、妊活、エッセイ 気ままなブログ

【不倫!?】証拠集めのあれこれ

f:id:nano-hana01:20190925145520p:plain


結婚したら

その人と一生添い遂げる

 

そう誓ったはずです。

 

不倫とは

配偶者でない者との男女関係のこと

です。

 

お付き合いの段階ではそれを浮気といいますが、

不倫となると民法上で違法とみなされます

 

法律上の不倫とは不貞行為と呼ばれ、

不貞行為とは配偶者意外と関係を持つことを言います。

このとき、ハグやキス、デートはそれに該当しません。

 

民法709条で定められ、不貞行為が認められた場合は

離婚請求や慰謝料請求をすることができます。

 

また、肉体関係を結んでいなくても

ハグやキス、デートが

夫婦関係に大きなダメージを与えたと判断された場合は

不貞行為とみなされることがあります。

 

また、同棲しているなどの証拠があれば

不貞行為があったとみなされます。

 

 

慰謝料の請求

 

もし不倫をされてしまった場合

夫に慰謝料を請求することができます。

 

不貞行為があったとみなされた場合は

不倫相手にも慰謝料を請求することができます

不貞行為の証拠がなかった場合は慰謝料を請求することができません

 

ちなみに離婚請求はできます。

有責側は離婚請求もしくは離婚請求の拒否はできません

 

 

もし不倫されたら

 

パートナーに異性の影が見えたら

あなたはどうしますか?

 

もちろん、気づかないふりをすることもひとつの手です。

 

 

ですが、もし

離婚したいと思った場合

そして、それに伴って慰謝料を請求したいと思ったら

不貞行為があった、という証拠が必要になります。

 

では、どんなものが不貞行為の証拠となるのか

不貞行為が証明されなかった場合、

不倫相手への慰謝料請求ができなくなるため、

不貞行為の有無はしっかりと証明する必要があります。

 

 

不貞行為の証拠となるもの

 

メールやSNSのやり取りは証拠としては弱く、

不貞行為の証拠と認められるのは不貞行為を確認できるもの

もしくは確認できる証拠となっています。

 

例えば、

自宅や宿泊施設に出入りしている写真

旅行している写真

などです。

 

滞在時間がわかったり

複数回の証拠があるとより確実となります。

 

写真や映像が望ましいです。

また、不倫を認めた際の音声や

メールやSNSならプリントアウトしたものがあると良いでしょう。

 

客観的な証明としては

・第三者の証言

・探偵社からの報告

・愛人からの手紙やプレゼント

・宿泊施設などのクレジットカードの明細

などがあると、

不貞の事実が客観的に証明できます。

 

 

 証拠がそろったら

 

証拠がそろって不貞行為を証明できた場合、

慰謝料や新券など

離婚に伴って発生する交渉が有利になります。

協議離婚という形で解決しない場合は

家庭裁判所でのやり取りとなりますが

家庭裁判所でも証拠は非常に有利となります。

 

まとめ

 

現在離婚する夫婦は約15%は

不倫が原因と言われています。

もちろん、再構築している夫婦も少なくないと思いますが、

たくさんの人を巻き込み、

悲しみを与えることになりますので

不倫は絶対にやめましょう