nano-hana

恋愛、妊活、エッセイ 気ままなブログ

東日本大震災は私を変えた。~あの瞬間、私は~

f:id:nano-hana01:20191028170132p:plain


皆様は覚えていますか?

 

8年前の3月11日の出来事を。

 

 

日常が変わる瞬間

 

東日本大震災発生当時

私は高校1年生でした。

 

ちょうど、その時期福島は高校受験。

そのため学校は休みになっていました。

 

東京の大学に進学した姉のところに

私は初めて1人で遊びに行きました。

 

3月11日14時46分

 

東京は震度5の大きな揺れに襲われていました。

 

姉と私はアパートでテレビを見ていました。

揺れが収まり、

地震速報を見ると

震源は東北。

 

東京でこんなに大きな揺れだったのに

実家はいったいどうなっているんだろう。

 

電話は通じません。

メールは送れません。

家族、親戚、友人

だれの安否確認もできません。

 

家や建物、道路が崩壊し

黒く、大きな津波が町を飲み込み

避難所の映像がテレビに映る

 

幸い実家や親戚は沿岸部にはおらず

単身赴任していた父だけが

いわき市にいました。

 

f:id:nano-hana01:20191028171022j:plain

https://www.pref.fukushima.lg.jp/site/iju-tokyo/city-town-vill.html


通じるまで何度も電話をかけ続けました。

 

最初に電話が通じたのは

父の職場でした。

 

父に電話を代わってもらいました。

「こちらは大丈夫。津波もない。

でも今職場が大混乱で

机やいすがぐちゃぐちゃで自分のがどれかわからない。」

いつも冷静な父の焦った声は

私たちの鼓動を速くしました。

 

その日のうちに

家族と親戚、親しい友人の無事を確認しました。

 

しかし、断続的に続く余震と

突然振り出した雪。

いつどうなるのかわからない不安。

 

姉と、同居していた従姉と3人

テレビをつけたままリビングで寝ました。

 

 

私の人生が終わった気がした

 

翌日、

被害の概要がより明るみになり

私はしばらく福島へは帰れなくなりました。

 

新幹線さえ動けば

高速バスさえ動けば

すぐにでも帰るつもりでした。

 

そんな私の目に飛び込んできたのは

 

福島第一原子力発電所が爆発する映像でした。

 

 

ああ、終わったんだ、福島は。

 

 

多分、福島に戻ることはできない。

家族をこっちに呼んで

福島から離れたところで暮らすことになるんだ。

親戚も友人たちも散り散りになる。

何もなくなった。

 

高校生ながらに

私はそんなことを考えていました。

 

原子力発電所の知識

 

皆さんは学校で

発電方法について習った記憶はありますか?

 

例えば

風力発電は地球にやさしいだとか

火力発電は石炭や石油を使用しているなど。

 

福島第一原子力発電所は1971年に運転を開始。

震災まで40年、電力を供給し続けていました。

しかし、当時の私の知識は

原子力発電のメリット

安定して大量の電力を供給できる。

 

デメリット

事故のリスクが大きいが、事故が起こる可能性はかなり低い

 

ということだけでした。

福島に住んでいるのに

事故のリスクが一体どんなものなのかも知らず

私は原子力発電についてこれだけの知識しか持っていませんでした。

 

爆発の瞬間

 

爆発とともに

大量の放射能が風に乗って

福島を覆いました。

 

爆発の瞬間、

 

屋根で修理をしていました。

水をもらうために並んでいました。

水道が止まっているので、井戸の水をくみ上げていました。

 

そうしなければ生きられないから。

 

私はただ遠いところで

テレビやSNSを通して見ることしかできませんでした。

 

 

実家に帰る

 

地震から3週間後

私は福島に帰りました。

東京で過ごした3週間を

私はほとんど覚えていません。

 

母には帰ってこないほうがいいと言われました。

少しでも被爆しないために。 

 

それでも

無理やり私は帰ることにしました。

 

新幹線は那須塩原駅で止まってしまいます。

当時ガソリンも不足している中

母の知り合いが車で迎えに来てくれました。

 

高速道路は

デコボコで

山道を走っているかのように

車体は揺れました。

 

見慣れたスーパーやコンビニや真っ暗で

ほとんどの家の屋根はブルーシートで覆われていました。

 

我が家も例外なく

石垣が崩れ

階段の手すりは落ち

食器の数は約半分になり

祖父が大事に育てていた花たちは

鉢植えが倒れて割れ

お風呂のタイルははがれていました。

 

母は、震災当日

靴を履いたまま家に入ったそうです。

 

当たり前の命

 

家族がそろったとき

なんとも言えない安心感に包まれました。

 

たとえタイルがはがれていても

家のお風呂に入れることがうれしかった。

 

当たり前に会った日常が

当たり前ではなく

目指すものになり

 

家族に命の危機が訪れたときの

あの感覚を

 

私は忘れないでしょう。

 

 

復興とは何か

 

あれから8年以上が経ちました。

 

原子力発電所の事故があった以上

震災前の福島に戻ることはできません。

 

 

私は、

震災で起きたことを

誤解なく知ってもらうために

福島の現状を発信する活動をしていました。

 

その中で

当時の兵庫県副知事とお話をしたことがあります。

 

そこで、

阪神淡路大震災の復興もまだ途中であると

おっしゃっていました。

 

神戸の街並みはきれいで

何が復興とは言えないのか

私にはわかりません。

 

しかし、

震災がきっかけで

PTSDを発症したり

うつの症状が出る人がまだいます。

 

復興とは

人の気持ちも関係しているのだと思うのです。

 

原発の近くの立入禁止が解かれても

避難先から福島に戻ってくる人は

まだまだ少ないのです。

 

問題が山積みの中

熊本地震

北海道胆振東部地震

去年、今年の台風被害

 

日本では

被災地と呼ばれる地域がたくさんあります。

 

でも

もう終わった、と思った福島の地で

今も人々は生きています。

 

どうか、

各地の被災地に活気が戻りますように