nano-hana

恋愛、妊活、エッセイ 気ままなブログ

【簡単】LINEで好印象を与えるテクニック

f:id:nano-hana01:20190925145032p:plain


LINEは私たちの生活に欠かせないSNSとなりました。

むしろ、メールアドレスの交換なんて

している人のほうが圧倒的に少数派でしょう。

 

LINEの文面が

あなたの印象を大きく変えることもあります。

 

メールとLINEの違い

 

ひと昔前、

LINEが普及するまでは

メールを使用してやり取りをする人がほとんどでした。

 

文章のやりとりという点で

メールとLINEは同じですが

いくつかの違いがあります。

 

メール

・相手がいつメールを開いたかわからない

・手紙のような形なのでそれまでの会話は見に行かないと読めない

・着信拒否されるとメールが返ってくるためすぐにわかる

・文章、絵文字のみのやり取り

 

LINEは

・既読がわかる

・チャット形式のため会話の流れがわかりやすい

・ブロックされてもわからない(わかることもある)

・スタンプで意思表示できる

 

どちらかというと

LINEでのやり取りのほうが

フランクな印象を受けます。

また、メールとの違いとして

プロフィール写真を設定できたり

タイムラインに書き込むことができるため

SNSとしての役割も持っています。

 

 

LINEで良い印象を残す秘訣

絵文字やスタンプを使う

 

スマホに変わり、

絵文字のバリエーションが増えました。

さらに、LINEにはスタンプという機能があります。

 

文章にするのが恥ずかしいことも

スタンプだと送りやすいです。

また、文章にするのが難しい感情などを伝えるのに

スタンプを使うことも良いですね。

 

また、おそろいのスタンプを使ったり

プレゼントすることで

2人の世界観が出来上がるので

試してみてください♩

 

ただし、

スタンプを送りすぎると

適当に返事をしているように見られることもあるので

頻度は控えましょう。

 

言葉遣いに注意 

 

普段の会話でも言えることですが、

会話と違って文章の場合は

雰囲気や冗談などが伝わりにくいです。

そのため、強い口調に見えるような文章を送ってしまうと

そんなつもりはなくても悪い印象になってしまうこともあります。

 

できるだけ優しい言葉遣いを心がけてください!

 

また、まだあまり親密ではない相手へのLINEは、

かしこまりすぎも

砕けすぎも良くありません。

礼儀はとても大切です。

お仕事をしている人なら、

まず

「お疲れ様です。」などの文を添えることをお勧めします。

  

時間帯を考慮する

 

夜遅い時間に既読をつけてしまったとき

すぐ返信しなきゃ!と焦るのはやめましょう。

通知音で寝ている相手を起こしてしまうかもしれませんし

通勤していると思われる時間やお昼休み、帰宅後など

相手が返信しやすい時間帯に返信をするのが◎

 

長すぎず短すぎない文章を送る

 

長すぎると読むのも返信も面倒だし

短いと会話が続きません。

スクロールしなくても読める程度の文章を送りましょう。

 また、だらだらとした文章を送るのではなく

読みやすく

要点がわかりやすい文章を送ると

忙しい相手でも返信してくれる可能性が高まります。

 

感情を表現する

 

嬉しいことがあったときは嬉しい

悲しい時は悲しい

 と、文字にすると

素直な子だな、という印象を与えることができます。

やりすぎるとわがままになってしまうので

できるだけ良い感情を表現するようにしましょう。

また、

すごい、という意味で「ヤバい」を使う人が多いと思いますが、

ヤバい嬉しい

よりも

とても嬉しい

すごく嬉しい

のほうが女性らしく

かわいらしい印象を与えるので

言葉の言い回しにも気を付けてみてください。

 

既読をつけずに内容を見る方法

 

なんとなく既読はつけたくないけど内容を見たい

という場合、

トークルームを強く押してみてください。

すると、なんとLINEのトークを見ることができます

さらに強く押すとトークルームを開いてしまうため

力加減には注意が必要ですが、

もしもの時に使ってみてください。

 

なお、この機能は3Dタッチ機能がある機種でしか使えません

iPhoneの最新機種

iPhone XRでは3Dタッチ機能が廃止されたので

この方法は使えないそうです。

 

LINEを使って距離を縮めよう♩

 

いかがだったでしょうか。

文章で印象を変えることができるなら

緊張して直接話すことが苦手な方でも

チャレンジしやすいのではないでしょうか。

彼とお近づきになる前段階として

少しでも良い印象を残せますように