なのはなめも

雑学、豆知識や結婚など、幅広くおまとめします。

☟ category ☟

【ネタバレあり】アナと雪の女王2感想・評価!

f:id:nano-hana01:20191126141632p:plain


2013年、

日本で大流行したアナと雪の女王

続編が11月22日に公開!

 

さっそく見てきた私の

アナと雪の女王2

感想や評価をご紹介します。

 

ネタバレなしの感想や評価はこちらから

 

www.nano-hana01.work

 

 

あらすじ

 

前作では

エルサとアナが仲直りし、

クリストフとアナも結ばれ

ハッピーエンドとなりました。

 

今作は、そんな前作を補足するような物語になっています。

 

北にある、魔法の森。

この森は森の精霊たちによって霧で覆われ、

人々は出入りができなくなっていました。

 

アレンデールは

突如火も、水も、風もなくなり

地面は崩れ

住民たちは避難を余儀なくされます。

 

森の精霊たちの目覚めによるものです。

 

 

アナ、エルサ、クリストフ、スヴェン、オラフは

その魔法の森を目指し、旅に出ました。

 

両親のなれそめ

 

アナとエルサの両親は、

乗っていた船の沈没によって亡くなってしまいます。  

しかし、とても愛情深く姉妹のことを想っていたのがわかる様子が

作中に何度も出てきます。

 

そんな両親の出会いは、

アレンデールとノーサルドラ人とダムの建設を祝う席でのことでした。

突如起こった争いに巻き込まれた幼いアグナル国王(父)は、

岩に頭をぶつけて意識を失ってしまいます。

それを助けたのが、イドゥナ王妃(母)だったのです。

 

そして、エルサに魔法に力を与えられた謎を解明すべく

出かけた先での事故によって亡くなったことがわかりました。

 

アレンデール国の過去

 

アレンデールの過去、それは

アナとエルサの祖父、ルナード国王の時代。

ダムの建設によって友好的な関係が築かれると思っていたのは

実はノーサルドラ人だけでした。

 

ルナード国王は、魔法の力を信じるノーサルドラ人に対し 

 未知なる力を恐れて

祝いの席でノーサルドラ人の長老に攻撃をしました。

 

それが、森の精霊たちを怒らせてしまうきっかけとなったのです。

 

 

森の精霊たち

 

森には4つの精霊がいます。

風の精霊、ゲイル

火の精霊、ブルーニ

地の精霊、アース・ジャイアント

水の精霊、ノック

 

個性的でありかわいらしい精霊たちは

最初はアナたちを攻撃しますが、

次第に心を開き

協力してくれるようになります。

 

ノーサルドラ人に、エルサは

第5の精霊もいると聞かされています。

 

離れ離れになる登場人物たち

 

アナとエルサ、オラフは

プロポーズの作戦を練っている

クリストフとスヴェンを置いて先に進んでしまいます。

 

しかし、エルサはその旅の途中で

アナとオラフを突き放し、1人で先に行ってしまうのです。

 

エルサはそこで過去の出来事をすべて知ることとなります。

そして、魔法の力によって凍らされてしまったことにより

エルサの力によって生み出されたオラフも

消えてなくなってしまいます。

 

アナは1人になって

魔法の力も持たない自分の無力さと

オラフが消えたことによって

エルサの身に危険が迫っていることを悟り

悲しみに暮れるのです。

 

エルサに魔法を与えられた理由が明らかに

 

第5の精霊、それはエルサでした。

人間と精霊の懸け橋となる存在です。

 

エルサは身体が凍り付く直前

アナに真実を伝える魔法を飛ばします。

 

アナの決断

 

エルサのメッセージによってすべてを察したアナ。

アナは

ダムを崩壊させることが

森を開放する方法だと思いつきます。

 

地の精霊を起こし、

ダムを壊すように誘導するアナ。

 

ダムが崩壊してしまったら

アレンデールは沈んでしまいます。

 

住民が崖に避難させられたのは

そんな理由があったからでした。

 

森に閉じ込められたままになっていた

アレンデールの兵たちも

それに協力します。

 

ダムの崩壊によって、

魔法が解け、水がアレンデールに押し寄せます。 

 

そこに現れたのは、

エルサでした。

 

エルサは魔法の力でアレンデールを救います。

 

クリストフのプロポーズ大作戦

 

すべてが解決し、

再会を果たすアナとエルサ。

 

エルサは魔法でオラフを復活させ

全員が再開を喜んだあと

 

クリストフはみんなの前でアナにプロポーズします。

 

2人の絆はさらに強く

 

エルサは、精霊と人間を繋ぐ

第5の精霊として

森の中で暮らすことに決めました。

 

アレンデールの国王にはアナが。

もちろん、クリストフやスヴェン、オラフも一緒です。

 

物語のラストは

風の精霊に頼んでアナがエルサに手紙を送ります。

その手紙を読んだエルサが

アレンデールに向かって走るところで

終わりました。

感想・評価

 

映像、音楽は

前作を超えてきたな、という印象です。

 

物語は、

前作のようにテーマが1つではなく

姉妹愛

両親の過去

アレンデールの過去

クリストフのプロポーズ

など

登場人物の心情が

様々な出来事によって揺さぶられ

前作よりも複雑なストーリーでした。

 

しかし、前作で自分自身に誇りを持てたエルサが

今作でさらに強くて魅力的な女性になり

少々頼りなく感じるアナも

エルサや住人たちのために

勇敢な姿を見せてくれます。

 

非常にポジティブな内容で

登場人物たちの愛に心打たれる作品でした。

 

あと、前回アナの婚約者として登場したハンスが

かなりいじられていて面白かったです。

私も2人姉妹なんですが

元カレをネタにするのはどこの姉妹も一緒なのかな?

と思わされました。